クレジットカードの審査の裏側

クレジットカードを作る際は、必ず審査が行われます。カードを一枚でも持っている人なら、審査を受けた経験があると思います。カードのご利用代金を確実に支払うことが出来るのか、住所や年齢などの基本的なことはもちろん、安定した収入はあるか、資産は持っているのか、また借金や滞納したことがあるかなども考慮されて、合格安定がでます。

この審査ですが、カード会社や種類によって様々です。持ちやすいカードとそうでないカードがあり、利用できる金額の高さや特典も異なります。高額利用ができるカードの場合、回収できないとその分負債となってしまうため、信用の審査として布石を打っておくのです。

また、これまでの滞納の履歴などは、信用会社によって各カード会社で共有されています。数年たたないと消えないため、滞納したことがある方は、新規のカードを作ることが難しく審査に落ちることもあるのでお気をつけください。

何気なく持って使うカードですが、審査もきちんと行われて使っていることを考慮して、今後も有効に使っていきましょう。

 

定期的に安定した収入があれば非正規雇用の方でも融資が受けられます

アルバイトやパートなど非正規雇用で働いていると金融機関からお金を借りられないと初めから諦めている方も多いことでしょう。現実はそのようなことはありません。消費者金融では非正規雇用で働いている方からの申し込みも受けています。

クレジットカードも同様です。アルバイト・パート、外国人向けのクレジットカードまであります。

申し込みを受付けているからといって誰でも融資を受けらけるというわけではありません。審査を受けて問題なとなれば融資を受けられるようになります。審査とはいってもそれほど不安に感じることはないでしょう。

定期的に安定した収入と支払い能力があり、他社からの借入りが多いですとか他にお金に関するトラブルがなければ審査を必要以上に怖がる必要はありません。申し込みはスマートフォンからでも可能です。申し込みフォームでは勤め先や取引に使う暗唱コードなどを記入、または設定していきます。

このとき記入する情報は偽りなく正確に届け出なければなりません。嘘を記入しても信用情報機関で調査されすぐにバレてしまい信用を傷つけることになるので嘘はぜったいに記入してはいけません。

審査を受けて問題ナシと判断されると晴れて融資を受けることが可能となります。非正規雇用だからと諦めず、お金の必要が生じた場合は消費者金融を頼りにするのも良いでしょう。